さあ自動車損害保険に契約を申し込もう、というように考えても数多くの自動車損害保険会社が軒を連ねていますのでどの保険会社に加入するか右往左往してしまいます。ネットで気軽に気になる会社の契約情報や保険料を比べられますので申し込み手続きをしようと考えている数ヶ月くらい前からよく調査して一手間加えられることを強く推奨します。安ければどういった会社でもいいだろう、だというように構えていると肝心な事態になった時に支払いが受けられなかったなどという悲しい場合もあるので愛車の種類や使用状態を念頭に置き自分自身にとってぴったりの自動車損害保険を選ぶことが大事です。目に付く車の損害保険もしくは保険の内容を目の当たりにしたら提供を行っている自動車保険会社に電話してより詳しいプランに関する情報を仕入れるようにしましょう。自動車保険に入る場合においては車の免許証及び車検証明書、既に別の自動車の損害保険加入を行っている方に関しては保険の証書が必要になると考えられます。会社はこのデータを参照して自動車の種類あるいは初年度登録・走行距離の程度あるいは事故の有無・交通違反の頻度といったような関係情報を精査して掛け金を提示してきます。特に一緒に住む家族が運転席に座ることがあり得る際においては年齢制限や一緒に乗る人のパターンといった要因によっては月額の掛金が上下するようなことも考えられますから車を使う可能性のある家族の性別または生年といった書類も用意してあるとトラブルが少ないでしょう。それらの書面を用意しておくと同時に、どういったトラブルで果たしてどういった状況であるならば支払いの対象として認められるのかまたはどのようなときに適用範囲外となって保険金が得ることができないのかといったことを細かく見極めておくべきだと思われます。調べたついでに設定された保険がニーズにあっているかあるいは不十分かということなど色々な条件における数字を目で確認するのも忘れずにしておくべきでしょう。他にもいきなりクルマが運転不能になった時のロードサービスのの付加やトラブル遭遇時の補償なども抜かりなく見ておいてあれこれと不安を抱くことなく自動車に乗車することができる補償プランをチョイスするべきだと思われます。